45歳からの年収1.5倍化プログラム

キャリアを再生させる5つの視点(好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、冒険心)から、自分の価値を再発見して、これからの15年を30年の濃さにしよう!

40代の転職

【転職成功術】 45歳からの転職を失敗しないために、【見かけ倒れ人材】にならないための3つのNG行動

「4月に入ったキャリア採用の彼、めっけもんだったよな。助かっているよ。」 「キャリア採用の人は、現場にうまくフィットしないと使いづらいからね。なにかあったら連絡するんで、相談にのってくれよ。」 昨日、4月にキャリア採用者を配属した部署の責任…

45歳を過ぎた転職を成功させる「○○力」を身につけよう!

2000年当初、主に大手企業で成果主義型人事制度の導入が進みました。市場の不確実性が高まり競争力を高めるため、「結果重視」へ軸足が移りました。 当時、私は人事制度の立案に携わっていましたので、人事政策の転換期を目の当たりにしました。 変化に…

【後悔しない転職】 他者からのアドバイスの活かして納得した決断をしよう。

転職することに迷っているとき、誰かに相談したくなるときがあります。 自分一人で悩んでいても堂々巡りするばかりで、悩みは深まるばかり。 転職のノウハウ本を読んだり、インターネットで情報検索したりして、自分に最適なアドバイスを求めても解決の糸口…

【圧迫面接対策】 面接官から高圧的な態度をとられたときの対処法

「転職の面接で面接官から高圧的な態度を取られて困った。」という声をよく伺います。 面接の段階(1次面接、2次面接、最終面接)にかかわらず、質疑応答の場面で上から目線で質問されると、あたかも高圧的な態度を取られたように感じ、圧迫されたという感…

【転職の成功術】 自分の人材価値、勘違いしていませんか?

企業の採用意欲が高まり40歳代の求人件数も増えつつありますが、45歳を過ぎた求人数は少なく、転職の機会を得ることは簡単ではありません。 ビジネス誌でも「中高年の転職必勝法」という切り口で興味深い記事が特集されていることからも、転職の機会を得…

【失敗しないミドルの転職】 「期待はずれ人材」にならないための自分に投げかける2つの質問

転職して間もない頃は、周囲の環境に慣れるまでに一定の時間を要しますが、45歳を過ぎた転職ではそうも言ってられません。 早ければ1ヶ月月、遅くとも3ヶ月までには、周囲と信頼関係を築けていることが必要です。 「転職組」に対する期待が大きければ大…

【転職で後悔や失敗しない!】 ユダヤ人式・自分のキャリアの磨き方 3つの軸で自分を活かす

私の友人(H君)と久しぶりに会って近況報告する機会がありました。H君とは、会うたびにお互いの「キャリア観」について語り合います。話のなかで、「キャリアの転換」についてとても参考になる話がありましたので、お伝えします。 最初に入社した商社で、…

【転職後の後悔・失敗】 人事部が見た! 転職直後に”やってはいけない”3つの行動

4月に転職した方は、1か月が過ぎて少しずつ新しい職場に慣れ始めているのではないでしょうか。心機一転、新天地で意気揚々としている方もいれば、逆に転職にしくじったと気落ちしている方もいるでしょう。 45歳を過ぎた転職では、即戦力として期待されて…

転職で失敗や後悔しないための自己問診法

転職の内定を受けとったにもかかわらず、なんとなく気持ちが晴れないことがあります。 新天地で活躍したいという思いをもつ自分と活躍できるか不安だという思いを持つ自分が交互に現われ決断が揺らぐからです。 45歳を過ぎた転職で失敗や後悔したくありま…

【他言無用!】実績がおもうようにあがっていなくても、評価される人になるための3つの方法

ゴールデンウィークも本日まで。 連休でリフレッシュした方も多いのではないでしょうか。 私は、今年の連休は遠出もせず、自宅の「断捨離」を断行しました。 たまった資料や書籍の整理や季節外れの大掃除をしていました。 「整理整頓をすると、頭の回転が冴…

【定年なんか怖くない】 どうすれば45歳からの不安を最小化できるか

「定年後の生活が不安なんです。給与は現役の4割減。65歳までの生活を考えるとき、暗い気持ちになるです。」 ある方からお問い合わせをいただきました。 人それぞれ、仕事をするうえで培ってきた人材力がありますが、強制的に職業人としてのキャリアが終…

【ミドルの転職】 転職で後悔や失敗しないための転職タイプの見分け方

45歳を過ぎた転職では、付加価値を創出するチカラが求められます。 その付加価を創出するチカラは、つぎのような公式で表すことができます。 (【基礎力】+【専門力】+【再現力】)×【人間力】 hiratsukacareer.hatena 45歳を過ぎたミドルの転職が簡単で…

迷うことなく、転職を最終決断するために必要な3つの条件 その3 【最終回】

順調に転職活動も終えて、退職することを伝えようとしているにもかかわらず、「迷い」がでることがあります。 45歳を過ぎた転職では、20代、30代のそれとは異なり、限られた機会を後悔しないようにしたいものです。 転職先の会社でうまくやっていける…

迷うことなく、転職を最終決断するために必要な3つの条件 その2

順調に転職活動も終えて、退職することを伝えようとしているにもかかわらず、「迷い」がでることがあります。 45歳を過ぎた転職では、20代、30代のそれとは異なり、限られた機会を後悔しないようにしたいものです。 そうは言っても、転職先の会社でう…

迷うことなく、転職を最終決断するために必要な3つの条件 その1

順調に転職活動も終えて、現職へ退職することを伝えようとしているにもかかわらず、「迷い」がでることがあります。45歳を過ぎた転職では、20代、30代のそれとは異なり、限られた機会を後悔しないようにしたいものです。 そうは言っても、転職先の会社…

【今すぐ転職したい方へ】 自分の市場価値を冷静に見極めることの大切さ

「すごくがんばっているのに、どうしても認めてもらえない。」 「自分の処遇は、今の状態で頭打ち。先は見通すことができない。」 バブル入社組を悩ますポスト不足。右肩上がりの会社人生を描くことができなくなった今、「認めてもらえない症候群」に悩まさ…

転職を焦ると失敗する・・・ 40代から生き残る。仕事人としての生き抜くチカラの身に付け方

40歳を過ぎると、自分の理想とする仕事のしかた、生き方を追求していきたくなります。20代、30代の頃は、ひたすら上昇志向であったとしても、徐々に選択肢が少なくなり、自分の可能性に限りがあるように感じてきます。したがって、人生の一発逆転をね…

転職の失敗を防ぐ 目の前のことに集中する大切さ

40歳を過ぎると、自分の将来が見通せず不安になることがあります。定年までの年齢を考えると、自分がどのような処遇になるかは見通せますが、自分がそれに満足できるかわからないため、キャリアとライフの両面での自分に対する自信がつかめないことが要因…

魂は細部に宿る。 面接で自分に主導権を引き寄せるために。たった二つの必要なこととは。

今回は、転職の面接での立ち振る舞いについてお伝えします。 40歳を過ぎて転職する人でも、転職の面接では普段のチカラの7割程度しか出せないと思っていた方がいいでしょう。実際に、面接官の前に立つまで、普段どおりにできだろうと思っていても、口が渇…

【バブル世代の方へ】 自分の経験を意味あるものとするために必要な5つの条件とは。

40歳を過ぎて、ふと自分の社会人として経験を振り返るとき、経験の一つひとつを意味あるものとしてとらえることができれば、今後のキャリアの展望も開けます。 サラリーマンで、コツコツと仕事を積み上げてきたものの、思うようなポジションについていない…

【転職の慢心】 40歳を過ぎてからの転職でしくじらないための最低限必要な準備

40歳を過ぎてから転職するとき、気をつけなければいけないことがあります。 それは、「社会人、サラリーマンとしての経験が20年以上ある」ということによる準備不足を招く慢心です。 「社会人、サラリーマンとしての経験が20年以上ある」と、良くも悪…

【カンタン】 会ってみたい!と思わせる エントリーシートの書き方について

「この人、ほんとうに転職したいのかな?」 「どうして、こういう書き方になるのかな?」 エントリーシートを読んでいるとき、書き方で損していると感じることがよくあります。40歳を過ぎてからの転職では、圧倒的に不利になるので、気持ちを込めてエント…

【最終回】 転職の面接準備、大丈夫ですか? 効果的な準備に必要な「相手を知るための問いかけのチカラ」について

社会人経験を重ねてきた40代を過ぎた転職でも、面接の準備について悩まれることもあるかと思います。社会人経験があると、上司との面接や社外の人とのコミュニケーションができていることから、他者との応答にはそれなりの自信があるものの、面接の準備を…

転職の面接準備、大丈夫ですか?? 効果的な準備のために必要な「相手の問いを的確に捉えるチカラ」について

社会人経験を重ねてきた40代を過ぎた転職でも、面接の準備について悩まれることもあるかと思います。社会人経験があると、上司との面接や社外の人とのコミュニケーションができていることから、他者との応答にはそれなりの自信があるものの、面接の準備を…

転職の面接準備、大丈夫ですか? 効果的な準備のために必要な自分を伝えるチカラについて

社会人経験を重ねてきた40代を過ぎた転職でも、面接の準備について悩まれることもあるかと思います。社会人経験があると、上司との面接や社外の人とのコミュニケーションができていることから、他者との応答にはそれなりの自信があるものの、面接の準備を…

ちょっと待った! 転職を考えるまえに、自分の上げた業績を冷静にとらえることの大切さ

11月に入り、転職市場が大きく動いています。2018年4月入社に向けた転職活動が活発になっていることは、街中で見かける転職イベントの広告からも肌で感じ取れます。 転職することで自分のキャリアは大きく変わります。とくに、40代を過ぎての転職も…

中途採用の面接では、質問することに意味がある。 [面接は取材]の場と考えよう!

EテレのサイエンスZEROを見ました。「データがアスリートを変える」という内容に興味を持ったからです。 とくに、プロ野球選手がバーチャルリアリティを活用していることに興味を持ちました。楽天イーグルスでは、対戦相手の投手を電子的に解析し、バー…

【ちょっと待った!!】その転職、ほんとに大丈夫ですか? 転職をしくじらない やってはいけない3つの決断

転職は、自分の可能性を広げる機会になります。 自分の今まであげてきた実績を評価され、より高いレベルで仕事をする機会になったり、自分の専門性を深める機会になったりするからです。 自分がやりたいこと、ありたい姿、転職先会社に貢献できることが明確…

「もっと話を聞いてみたい!」と思わせる自己紹介とは 転職の面接で一歩抜きんでる秘策をお伝えします。

転職の面接では、必ず志望動機と自己紹介を求められます。 この場合、面接の冒頭に1分程度で手短に伝えることが理想的な対応ですが、往々にして必要以上に話してしまう人が多くいます。 面接のときに緊張してしまうから致し方ないことだとも思いますが、面…

「あと一歩物足りない」と思わせる職務経歴書を、「会ってみたい」と思わせる職務経歴書にするために必要なチカラとは?

先日、「一歩抜きんでる」書類選考についてお伝えしました。 多くの職務経歴書を見ていて、共通して感じる「あと一歩」が気になったからです。 この記事にも書きましたが、ポイントになることは、業績を挙げるための再現力。 この再現力を職務経歴書に落とし…