45歳からの年収1.5倍化プログラム

キャリアを再生させる5つの視点(好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、冒険心)から、自分の価値を再発見して、これからの15年を30年の濃さにしよう!

40代の転職

人事がこっそり教えます! 転職の面接でキラリと光る応募者になるための3つのチェックポイント

40代で転職するチャンスが増えてきています。40代は社会人としての折り返し地点。40代の生き方が社会人としての価値を決めると言っても過言ではありません。 転職するチャンスが増えてきたと言っても、採用されるためのハードルは高いと言えます。履歴…

【転職相談事例】 「転職の判断に迷ったときに「運勢判断」をためしたいのですが・・・。」 

転職活動を始めて内々定をもらったというNさんから、内定を受けるべきか否か迷っているとの相談がありました。話を聞いてみると、42歳で応募している会社から内定をもらったものの、その会社でうまくやっていけるか不安があるとのこと。 そんなNさんから…

【40代の転職】 失敗や後悔を引き寄せない!40代で転職するときに気をつけなければいけない3つのこと

人手不足が影響して、40歳代の転職市場が活況をおびています。35歳転職限界説がまことしやかに言われていましたが、いまや40歳から50歳のミドル層を必要とする企業が増えています。 ビジネスパーソンとしての一生を一つの会社で過ごすか、いくつかの…

転職に失敗してしまう人の残念な思考パターン これから転職活動を始める前に知っておきたい2つの

毎年、この時期は年明け1月または新年度入社を前提とした転職の動きが でてきます。転職フェアの広告を目にする機会が増えてきました。 45歳を過ぎてから自分の可能性を広げるための手段として「転職」を考える人もいらっしゃるかと思います。「転職」は…

【転職した後の迷い】 転職で「失敗した」「後悔している」と感じ、あれこれ考えて動けなくなるときの特効薬

45歳を過ぎてから転職が叶ったとしても、転職後に「本当によかったんだろうか?」と迷ってしまう人がいます。そして、転職した後で、転職したことを「失敗した」「後悔している」と感じてしまいます。 転職の本当の理由がどうであれ、転職した後で「失敗し…

管理部門で働く40歳代のビジネスパーソンが転職を考えるときにやっておくべき3つのこと

40歳代になると社会に出てからの経験も蓄積され、自分のキャリアの核がはっきりするものの、自分のビジネスパーソンとして将来が見通せるような気がしてくるものです。 とくに、管理部門で働く40歳代のビジネスパーソンの場合、自分の存在価値をしっかり…

【転職成功術】 転職面接を失敗しない! 面接官に好印象を与える自分の伝え方  

転職の面接でうまくいかないというTさん(46歳)から相談をうけました。 面接の応答で転職理由を聞かれたときのTさんの答えが、面接官に良い印象を与えていないようなのです。 「転職理由をこたえるときに、一般的な答えに受け取られてしまうようなので…

【社会人としての自分史】書類選考を勝ち抜く職務経歴書の書き方 <3日連続企画の3日目>

3日連続企画 「【転職準備】書類選考を勝ち抜く職務経歴書の書き方」 の3日目です。 【参考:1日目の記事】 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ hiratsukacareer.hatenablog.com 【参考:3日目の記事】 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ hiratsukacareer.hatenablog.com 昨日は、職務経歴書を書くにあた…

【社会人としての自分史(実績編)】 書類選考を勝ち抜く職務経歴書の書き方 <3日連続企画の2日目>

3日連続企画 「【転職準備】書類選考を勝ち抜く職務経歴書の書き方」 の2日目です。 【参考:1日目の記事】 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ hiratsukacareer.hatenablog.com 昨日は、職務経歴書を書くにあたって、自分のキャリアを広い視野で捉えることが大切で、キャリアを振…

【社会人としての自分史(感情編)】 書類選考を勝ち抜く職務経歴書の書き方 <3日連続企画の1日目>

「職務経歴書をどういう風に書けばいいか迷っています。職務経歴のまとめ方が要領を得なくて・・・」 転職活動中の46歳のTさんからこのような相談を受けました。 40歳代の転職市場が活性化しているものの、45歳を過ぎると転職市場は厳しい状況にあり…

【転職はあくまでも手段】 45歳から50歳までの間が勝負! 主体的な”セカンドキャリア”を創ろう!

いわゆるバブル入社組の世代は受難のときを迎えていると感じています。 入社した時はもてはやされ、年功序列型の人事制度のもとで洋々たる会社人生を描けていました。しかし、2000年代初期に流行った成果主義型の人事制度の影響で、組織の階層がフラット…

【転職成功術】 面接で好印象を残す別れ際の一言 「質問タイム」をしっかり活用しよう!

45歳を過ぎると転職市場は厳しいものになります。希望する仕事への転職は簡単ではありません。そのため、内定がもらえるならば、自分が想定している仕事の内容や処遇が叶わなくとも目をつぶるという人も往々にしています。 45歳を過ぎた転職の決断は、慎…

【人事異動への不満】 45歳を過ぎて自分が望まない部署への人事異動 試しておきたい3つのチェックポイント

サラリーマンであるかぎり、自分が想定しない人事異動を受け入れざるをえません。 自分が望む部署への異動ならばまだしも、配属されたくない部署への異動を受け入れるには相応の時間が必要です。 40歳を過ぎてから配属されたくない部署へ異動となったとき…

【45歳からの転職活動】 面接でマイナス評価につながる ”面接でやってはいけない3つの答え方” 

45歳からの転職活動を失敗しないためには、面接対策が極めて重要になります。 書類選考は文字情報にもとづいて採用候補者を粗く絞り込むものですが、面接による選考は実際に会って話しをすることでより細かく採用候補者を選抜するものです。 人事の立場で…

【転職成功術】 絶対に失敗したくない! 45歳を過ぎてから異業種へ転職するための情報収集術

40歳以降の人を対象とした転職市場が広がりつつあるものの、45歳を過ぎた人を対象とした転職市場は求人数や求める人材の基準を考慮すると厳しいものがあります。 それゆえに、45歳を過ぎてから転職することを考えるとき、今の会社と異なる業界へ転職す…

45歳の転職を失敗しない! 転職した会社で”イタイ人”にならないための3つのチェックポイント

45歳を過ぎて転職できたとしても、転職後の会社で言動で「イタイ人」の烙印をおされてしまうことがあります。 会社は多くの候補者から「この人なら任せられるだろう」と考えて採用したものの、少なからず「イタイ人」を採用してしまうのです。 人事部の立…

【40代の人、必見!】 自分の価値を高める 自分の中に眠っている「お宝価値」を引き出す3つのステップ

15歳から64歳までの生産年齢人口は2015年に7,728万人となり、2020年には7,405万人、2030年には6,875万人、2040年には5,978万人、2060年には4,793万人にまで減少すると予想されています。(総務省平成29…

【上司との人間関係】 「できる部下」になって、上司との人間関係の悩みを最小化する3つの習慣

人間関係の悩みから転職を考え始める人は多いと思います。とくに上司との人間関係は深刻な悩みにつながりやすく、自分のパフォーマンスにも影響を与えます。 たとえば、プロスポーツの世界でも監督と選手の人間関係が良好でないチームは成績が悪くなるように…

【転職の迷い】45歳からの転職 迷ったときに誰に相談するか

45歳からの転職を決断することは簡単ではありません。自分のことだから、自分が決めなければいけないわけですが、自分の判断を客観的に見てくれる人がいれば迷うことなく決断することができます。 「転職するか迷っているんです。こういうとき、誰に相談す…

【転職面接の準備】 45歳からの転職活動を失敗しないために準備しなければいけないこととは?

45歳を過ぎた転職活動は、しっかりした準備が大切です。30歳代の転職活動とは異なり、そもそもチャンスが少ないわけですから、準備不足で失敗するわけにはいきません。 転職活動にかかわる準備として、多くの人が不安に感じていることは面接の準備です。…

【必見!】 転職エージェントとコンサルタントの使いかた 45歳からの転職を失敗しないための3つのチェックポイント

「転職エージェントをどのように活用すればいいかわからない」という方から相談を受けました。 転職エージェントは、転職先の企業の紹介にとどまらず、職務経歴書の書き方や面接の事前トレーニング、転職時の条件交渉サポートなど、さまざまな支援をしてくれ…

【中高年の転職】45歳からの転職を失敗しない職務経歴書の書き方 3つの○○

少子高齢化と労働力不足が進むなか、社会人としての基礎的な教育を受け、即戦力となる中高年は魅力的な人材です。 40歳を過ぎた転職市場が動きをみせているものの、45歳を過ぎた転職市場は依然厳しい状況です。 そういう状況下で、少しでも自分の理想と…

【転職面接対策】 合否のボーダーラインに影響する、やってはいけない3つの○○

採用面接を終えて、合否のボーダーラインからつぎのステップに進める人と進めない人がいます。 人事の立場で採用選考に携わっていると、わかることがあります。それは、質疑応答の内容に加えて、応募者のしぐさが合否のボーダーラインに影響を与えていること…

【転職の決断】 45歳からの転職を失敗、後悔しないために確かめておくべき〇〇的動機とは

45歳からの転職を実現させるためには、自分のモチベーションに影響する要素を把握しておくことが重要です。なぜならば、この要素が転職することの意思決定に大きく影響するからです。 中高年の転職は限られた機会を有効に活かすことが大切です。 転職する…

【45歳からの転職を失敗しない】 「経歴詐称」を疑われて、転職を失敗しないために必要な〇〇の法則

社会人としての経験を振り返り、積み上げてきた実績を把握することは、転職するしないにかかわらず大切なことです。 振り返りを通して、自分の現在地を正確に把握し、今後の社会人としてのキャリアの方向性を考えるきっかけになるからです。 45歳を過ぎて…

【45歳からの面接対策】 転職の面接を成功させるためには、自分が最高の営業マンになろう!

45歳を過ぎた転職活動において、自分のプロフィールを的確に伝えることが極めて重要です。しかし、自分のプロフィールをきちんと整理することなく面接に臨む人が多くいると感じています。 「自分のナチュラルな姿を見せれば自分のことをわかってもらえるだ…

【転職体験記】 47歳の転職成功ストーリー Sさんが転職を成功させた〇〇とは?

3年前に47歳で転職を支援したSさんにお会いしました。Sさんは現在50歳。転職後の会社でイキイキと働いている様子を確かめることができて、安心しました。 3年前を思い出し、当時どんなことを考え転職を決意したのか、あらためて伺いました。 出向先…

【転職成功術】 転職はキャリアチェンジのカンフル剤ではない! 

サラリーマンの場合、いまやっている仕事は自ら選択した仕事ではなく、会社から与えられた仕事であることの方が多いとおもいます。 そして、その与えられた仕事が自分のやりたい方向性とフィットしているとき「やりがい」を感じ、そうでないときは「やりがい…

【転職成功術】 45歳からの転職を失敗しないために、【見かけ倒れ人材】にならないための3つのNG行動

「4月に入ったキャリア採用の彼、めっけもんだったよな。助かっているよ。」 「キャリア採用の人は、現場にうまくフィットしないと使いづらいからね。なにかあったら連絡するんで、相談にのってくれよ。」 昨日、4月にキャリア採用者を配属した部署の責任…

45歳を過ぎた転職を成功させる「○○力」を身につけよう!

2000年当初、主に大手企業で成果主義型人事制度の導入が進みました。市場の不確実性が高まり競争力を高めるため、「結果重視」へ軸足が移りました。 当時、私は人事制度の立案に携わっていましたので、人事政策の転換期を目の当たりにしました。 変化に…