45歳からの年収1.5倍化プログラム

キャリアを再生させる5つの視点(好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、冒険心)から、自分の価値を再発見して、これからの15年を30年の濃さにしよう!

計画的偶発性理論

45歳から事前準備しておきたい、3つのキャリア・チェックポイント

突然ですが、救急車を呼んだことはありますか? 昨日、独り暮らしの父が調子が悪いと連絡してきました。夜中から左胸が痛み、寝つけないとのこと。心臓発作だとおおごとですから、急ぎ実家に戻り様子をみたところ、歩けない状態でした。自家用車で病院に連れ…

45歳を過ぎたら上司をうまく使おう! 上司を操る3つの作法

年齢にかかわらず、上司とのコミュニケーションは気を使います。 ついつい必要なことを報告し忘れたり、適切なタイミングで相談できなかったりします。 45歳を過ぎると上司と良好な間柄をもつことが、仕事のし易さや業績にプラスに影響します。 つまり、上…

嫌われない勇気 45歳を過ぎて職場で信頼を得るための3つ法則

「あの人と仕事すると、楽だよね。」 一緒に仕事をするうえで、職場の仲間と協調できる人は、貴重な存在です。 疎んじられると、仕事に必要な情報が入ってこなかったり、協力を得られません。 かんたんに言えば、嫌われないことです。 45歳を過ぎると、職場…

上司から「なにが原因でネガティブに評価されているかわからないとき」の3つのステップ対処法

「そういえば、上司がおまえは仕事のやり方がわかっていない、と言っていたぞ。」 「なんか、やっちまったんじゃないのか?」 「まあ、しかたないね。そういうこともあるから気にしないで、がんばれよ。」 上司から自分に対するネガティブに評価されたとき、…

45歳からのキャリア 「思い込み」を壊す方法 独り暮らしの父を介護することからの気づき

45歳を過ぎると、自分の親も年老いてくるものです。 いつまでも、元気でいてほしいと思うものの、こればかりはどうにもできないものです。 とくに、独り暮らしの親がいる場合、毎日どのように過ごしているか、気になります。 45歳からのキャリアを考える…

45歳から自分の仕事の進め方をリノベーションする 3つのチェックポイント

50歳以降の自分が何をしているのか、どうにも見通しがつかないと、不安がつのります。 不安がつのると、自分のチカラが出し切れなくなります。 さらに、中高年齢者としてベテランの域に達していると、若年者と比較して相応のパフォーマンスが期待されると…

45歳を過ぎてから業績を上げる! すぐにできる3つのマインドセット法!

45歳は職業人生の折り返し地点。 まだまだ、職業人としての可能性を探求することができると考えています。 一般的に40歳を過ぎると、人は変わることができないと言われています。 そうであるなら、45歳の職業人生の折り返し地点以降は、成長の可能性が…

転職はあくまでも手段 今の会社で1.5倍の業績を上げて生き残る

最近、転職に関する広告をよく目にするようになりました。 2018年1月入社または2018年4月入社を目安とする転職市場が動き出しているようです。 このブログで何回かお伝えしていますが、転職市場は8年ぶりに300万人台を超え、2016年度は3…

自分の肩書きを創る方法 ~45歳は職業人生の折り返し地点~

2017年になってから、日本経済新聞で中高年齢者の転職市場が活況をおびてきているという記事を3回目にしました。中高年齢者が定年後に職業に就くという転職も含めてのことと思いますが、この傾向は続くと考えます。 2020年には45歳以上の労働力人…

 肩書きがなくなったとき、自分に何が残せるだろうか。

「気がつくと、中堅という世代じゃなくなっているな」 「今の会社にいるからこその自分かもしれない・・・・」 会社に所属している自分だからこそ成し遂げられることがあります。一方、会社に所属していない自分が成し遂げられることは何かあるか。 45歳を過…

自分のキャリアを満足させる方法  「ゆっくり、急げ」と「計画的偶発性理論」と「つづける」こと

このブログは、「キャリアを長いスパンでとらえる」ということを大切にしています。 仕事をしていると嬉しいことや悲しいことなど、予想できないできごとに出くわします。 そして、キャリアのおよそ8割はその予想できない偶然によって形づくられていきます…

希望していない部署へ異動を命じられたときの3ステップ思考法

「自分では行きたい部署を伝えていたのに、人事はまったくわかってない!」 「なんで、あの人があの部署なわけ? 理解できない。」 「これじゃ、自分の専門性が積みあがらないし。」 人事異動。 自分の希望している部署にいける場合とそうでない場合で、働く…

 「やりたいことがわからない」 モヤモヤとは何か ~「現在の自分」を因数分解する

「あと一歩で、やりたいことが見えてくる」 「いつか誰かが道を差し出してくれる」 「やりたいことが、近づいてきてくれないかな」 何かわからないけど、やりたいことがわからない場合、どうやってそれを明らかにすればいいでしょうか。 「やりたいこと」が…

「やりがい」の見つけ方について

「仕事でやりがいを感じないなぁ~」 「やりがいを見つけたい!」 仕事をしていると、気になる「やりがい」。 この「やりがい」を感じることができずに悩んでしまう人がいます。 なんとかして「やりがい」を見つけようとして、本を読んだんり、成功者の話し…

転職せずに自分の会社人生をバージョンアップさせる2ステップ思考法

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。開催に向けて日本経済も刺激されているようです。 2016年度は転職者数が306万人となったとのこと。 7年ぶりに300万人の労働力の移動があったこと、2020年には労働者の50%が45歳以上になることか…

転職の迷いを断ち切る3つのチェックポイント ~転職か、今の会社に留まるか~

「今回だけは、どうにも違うんですよね。いままで、迷いがあっても結構あっさり決められていたのですが。」 「転職したい気もするけれども、決断できないです。」 48歳の方から転職の相談を受けました。 管理職のポストにいるその方は、今の会社での自分のポ…

45歳 キャリアの折り返し地点から仕事を充実させる方法

キャリアを考えるとき、45歳という年齢はキャリアの折り返し地点にあたります。 65歳まで働くとするならば残り20年。 社会人デビューしてから積み上げてきた年数とほぼ同じ年数です。 自分の人生の大半は、「仕事」のための時間ともいえます。 したがって、…

45歳を過ぎて自分を高く売る 自分の経歴は3つの視点でとらえる

転職するしないにかかわらず、自分の市場価値を確かめたいという人がいます。 今よりも自分をバージョンアップしたいという思いが、自分の市場価値に関心を持つことにつながっているならば、キャリアを振り返るという点でよいことだと思います。 ところで、…

45歳からの転職 転職した会社で認められる必勝法

2017年8月27日発行の日本経済新聞で、2016年度の転職者数が306万人となり、45歳以上が3分の1以上を占めるという記事がありました。300万人を超えるのは8年ぶりで、45歳以上の転職者には、即戦力・管理職という役割に需要があるとの内容でした。 hiratsukacar…

「転職のしくじり」への備え方

どんなに仕事ができる人であっても、転職後に自分のキャリアの行く末に不安を抱くことはあるものです。 「競争とか成長がついてまわる世界に疲れてしまいました。」 「自分の本当の姿は、そういう世界で活躍したい自分とは違っていたということに気がついた…

転職後の悩み 自分のチカラを発揮するためのカンタンな3つの法則

「なにから手をつければいいのか、わからないんですよ。」 転職して間もない友人から相談を受けました。 私と同じように40歳を過ぎてから転職した彼は、なんとか新しい会社で活動しようとしているのですが、周りから受け入れられていないと感じていました。 …

 45歳からの自分の存在価値を高める3つのギリギリ思考法

「自分が担当している仕事って、やらされ感なんだよな。」 「上司からいつも指示ばかり。指示に従うことでいっぱいなんだな。」 「考えろと言われても、やり方の外枠を決められてるから、考える余地なんかないよな。」 年齢にかかわらず、仕事にやらされ感を…

転職の面接での自己アピール ジャパネットタカタのTV通販と自分の声から学ぶ

45歳の方から、面接で自分を上手くアピールできない、という相談を受けました。 面接に向けていろいろと準備するものの、自分を上手くアピールしないと、採用選考である面接を通過できません。 一生懸命準備して、伝えることを丸暗記している 想定外の問いに…

やりたくなかった仕事や下積みの経験が、自分の売りになる!

常見陽平氏は、人材育成の論客として有名な方です。 私が、常見氏の存在を知ったのは、氏が投稿した新卒採用にかかわるコラムを専門誌で読んだときです。たしか、2000年頃だったように記憶しています。 現場の実情をしっかり把握した上で、ロジカルに課…

仕事がうまくいかないとき。 負のスパイラルから抜け出す5つの視点

「45歳を過ぎて、会社での先行きがみえてきて、やる気がおきない。」 「給料だけがすべてじゃないけど、会社に満足できない」 成果主義型の人事制度に移行している会社が増えているものの、役職定年制度や年齢給等がある場合、45歳を過ぎると給与が目減りす…