45歳からの年収1.5倍化プログラム

キャリアを再生させる5つの視点(好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、冒険心)から、自分の価値を再発見して、これからの15年を30年の濃さにしよう!

【人事異動の悩み_連載4】 不本意な人事異動と感じたときこそ、「じぶんの弱さ」と向き合おう!

不本意な人事異動と感じたとき、「サラリーマンだから仕方がない」「仕事だから、嫌だと感じながらもやり続けるしかない」といった諦めに近い感情を持ってしまうことは、とても残念なことだと思います。 諦めに近い感情を持つことは、現状維持を可能にします…

【人事異動の悩み_連載3】 不本意な人事異動と感じたときに必要となる「柔軟さ」とは?

組織の大小を問わず、人は組織が果たす機能の一部を担うことが求められます。 年齢が若い時期は、自分が果たす役割と自分の成長曲線が比例するので、仕事を通した達成感を感じやすいものです。仕事を通した達成感は、自分のキャリアに対する納得感にもつなが…

「45歳からの年収1.5倍化プログラム」をはじめたきっかけ

お題「ブログをはじめたきっかけ」 2017年5月22日からはじめたブログ。 今日、2019年8月19日をもって、ブログ日数が365日になりました。 「45歳からの年収1.5倍化プログラム」と題して、はじめたきっかけは、懸命にキャリアを築いてき…

【人事異動の悩み_連載2】 不本意な人事異動への対処法  自分なりのプロ意識の確かめ方

40歳を過ぎると、自分の専門領域がなんとなく固まってきたと思うものです。専門領域は、その人が長く携わっている仕事と関係しています。いわゆる、その道のプロと自負できる仕事と言えます。 その道のプロとしての意識を自覚できれば、その分仕事に対する…

【人事異動の悩み_連載1】 不本意な人事異動への対処法  自分なりの落としどころの見つけ方

40歳を過ぎると、自分の専門領域がなんとなく固まってきたと思うものです。専門領域は、その人が長く携わっている仕事と関係しています。いわゆる、その道のプロと自負できる仕事と言えます。 その道のプロとしての意識を自覚できれば、その分仕事に対する…

45歳からの予期せぬキャリアチェンジに備えて ~準備することの大切さ~

予期せぬキャリアチェンジに備えることは、現代のビジネスパーソンにとって必須だと感じることが多くなりました。 「銀行員、全国で3600人減 自動化・新卒採用減で」と題したセンセーショナルな記事を2019年8月16日付の日本経済新聞9面で目にしまし…

「職場の人間関係がうまくいかない」が原因で転職しようか迷ったときの3つのチェックポイント

8月中旬から9月にかけて、転職フェアが開催されます。キャリア採用の市場が動きはじめています。 「転職しようか、迷っています。どうしたものでしょうか?」 転職を考えはじめるときは、こういう漠然としたじぶんの気持ちと向き合うものです。 「どうした…

【転職の悩み】 「なぜ、転職したいと思うのか?」を丁寧に整理するための3つのステップ

考えがまとまらず、モヤモヤした気持ちになるのときは、紙とボールペンを手にして、思いついたことを、紙に書き出すことをおススメします。 紙にじぶんの思いついたことを書き出すことは、じぶんのアタマの中に余白をつくることにつながります。余白ができる…

「転職するか、今の会社にとどまるか」で悩んだときは、じぶんの気持ちを紙に書き出してみよう!

考えがまとまらず、モヤモヤした気持ちのときは、紙とボールペンを手にして、思いついたことを、紙に書き出すことをおススメします。 紙に書き出すことが、じぶんの考えを客観的に捉えることにつながり、じぶんとの対話ができるようになるからです。 「転職…

【キャリアの分岐点】 考えるよりも、ボーっと過ごす。 ココロの声を書きとめることのススメ

2019年も残り1ケ月半でその半分が過ぎようとしています。 夏休みのこの時期には、すこしだけ休息の時間がとれている方も多いのではないでしょうか。 意識的にじぶんのアタマを休めるためにも、休息は大切なことだと思います。 つかのまでもいいので、な…

【人生最大の危機:背筋が凍る体験】 当たり前を確認しなかったことから学んだこと・・・

今週のお題「人生最大の危機」 最近、高齢者の暴走事故のニュースを目にするたびに思い出すことがあります。 それは、「アクセルの踏み間違い」は、ほんとうに無意識に起こってしまうことがあるということです。 あれは、社会人3年だったでしょうか。 夏休…

【決めるチカラ】 仕事では、「権限をもってやりたいようにしたい」けれども、じぶんのことは「決められない」という矛盾

キャリアの転換期において、大切なことは、選択するチカラです。それは、自らの意思で物ごとを決め、進むべき道を方向づけることにほかなりません。 今日は、久しぶりにメンターと会って話をしてきました。 話の流れで、「決める」ということの大切さとむず…

なぜ、「まじめで、やさしい人」は損をすることが多いと言われるのか?

「まじめで、やさしい人は、損をすることが多い。」と言われます。「損をする」という表現は、いささか適切ではないと感じるものの、長年人事に携わっていると、それに近い場面を目にしたことは幾度となくあります。 概ねこういう場面が多いように感じます。…

「じぶんのやりたいことを見つけたいが、いつか見つかるかもしれない」という考えは危険である

最近思うことがあります。 「じぶんのやりたいことを見つけたい」と願っている人のうち、「いつか見つかるかもしれない」という淡い期待を持ちつづけてしまう人が数多くいるということです。 「いつか見つかるかもしれない」という淡い期待を持つことを否定…

「自分は評価されていない」と感じている方へ 望まない人事異動への対処法

「じぶんが評価されていない」と感じるとき、気をつけなければいけないことがあります。 それは、「じぶんで、じぶんの評価を落とす行動をとってはいけない」ということです。 「負のオーラ」を周囲にまき散らかさないということでもあります。 とは言え、当…